飲む日焼け止めとは?成分と効果についてのまとめ

日焼け止めサプリ

飲む日焼け止めとは

肌に塗る日焼け止めは一般的になっていますが、飲む日焼け止めはまだ聞きなじみがないという方が多いでしょう。

塗る日焼け止めは肌に当たる紫外線をブロックすることで日焼けを防ぎます。SPFやPAの数値が高いものほど紫外線の遮断効果が高くなっています。それに対し、飲む日焼け止めは紫外線のブロックが目的ではなく、紫外線によって肌が受けたダメージを体の内側から軽減することを目的としています。

なので、飲む日焼け止めを飲めば日焼けをしないというわけではありません。日焼けをした上で日焼けのダメージを抑制してくれるものです。テレビ番組で取り上げられるなど、メディアに登場することで徐々に使う方が増えてきています。塗る日焼け止めは医薬部外品の外用薬となっているので、薬剤という印象が強いですが飲む日焼け止めは薬ではなくサプリメントになっています。

敏感肌で塗る日焼け止めを使うと肌が荒れてしまうという方でも、飲む日焼け止めなら問題なく使うことができます。また、塗る日焼け止めと共に飲む日焼け止めも併用すると日焼け止め効果が大きく上がります。塗る日焼け止めは塗ってから時間が経過すると、紫外線の遮断効果が薄れてきてしまいますが飲む日焼け止めも使えばその弱点を補うことができます。

目や頭皮など塗る日焼け止めが使えない部分の日焼けのダメージも抑えられます。塗る日焼け止めは水を浴びたりすると落ちてしまいますが、飲む日焼け止めならその心配をする必要もありません。飲むだけでよいので塗る手間もかからず手軽に使うことができます。

飲む日焼け止めの効果

抗酸化作用

紫外線を肌に浴びると活性酸素が発生します。活性酸素はメラニンを生成して肌が黒くなる原因になります。飲む日焼け止めの抗酸化作用によってこの活性酸素の発生を抑制することができ、肌が黒くなったりシミができたりするのを防ぐことができます。

免疫防御作用

肌の免疫機能にはランゲルハンス細胞が大きく影響していますが、紫外線を浴びるとこのランゲルハンス細胞が減少して免疫力が下がってしまいます。このことによって日焼けが引き起こされるとされています。飲む日焼け止めにはランゲルハンス細胞の減少を抑制する効果があるので、肌の免疫機能をあまり落とすことなく日焼けを予防することができます。

DNA保護作用

紫外線を浴びると皮膚の細胞が傷つき、DNAもダメージを受けます。このことによって皮膚がんになるリスクが出てきます。飲む日焼け止めにはDNAのダメージを減少させる効果があるので、皮膚の回復をサポートし皮膚がんも予防することができます。

皮膚構造維持作用

紫外線を浴びるとシミやシワができやすくなり肌の老化が進んでしまいます。紫外線によって肌のコラーゲンが失われることを光老化といいます。飲む日焼け止めには紫外線によるダメージを抑制してコラーゲンの減少も防ぐ効果があることから、肌の老化を遅らせることができます。

飲む日焼け止めの成分

代表的な主成分

塗る日焼け止めと違って飲む日焼け止めは体内に入るものなので、特に成分が気になるところです。商品によって主成分はさまざまですが、ニュートロックスサン、フェーンブロック・PLエキス、レッドオレンジコンプレックス、リコピンが代表的です。

ニュートロックスサン

シトラス果実とローズマリーの葉からの抽出物を合わせたものです。複数のポリフェノールが含まれていて抗酸化作用があります。紫外線によるダメージで作られた活性酸素を抗酸化作用によって除去します。

活性酸素はシミやしわ、炎症の原因となるので抑制することで肌のダメージが軽減されます。紫外線を浴びると体内でビタミンDが生成されますが、塗る日焼け止めを使うとこのビタミンDの生成が阻害されてしまいます。しかし、ニュートロックスサンならビタミンDは問題なく生成されます。シトラスとローズマリーの抽出物という天然由来の成分なので副作用の心配もありません。

ただしこれらにアレルギーがある方や妊娠中・授乳中の方は注意が必要です。ニュートロックスサンはスペインのモンテローザ社の商標なので、シトラス果実とローズマリー葉の抽出物と記載されている商品もあります。

フェーンブロック・PLエキス

アフリカに自生するシダ植物の抽出物、PLエキス(ポリポディウムリュウコトモス)でフェーンブロックは商標です。ニュートロックスサンより前から日焼け止めとして使われてきました。紫外線にはA波とB波の2種類がありますが、特にA波によるダメージに効果的とされています。

もともとは炎症やアルツハイマー、ぜんそく、心臓病などの治療に使われていました。植物由来の成分なので副作用の心配はありませんが、アレルギー性が高いのでアレルギーがある方は発疹や花粉症などが引き起こされるリスクがあります。

レッドオレンジコンプレックス

レッドオレンジの抽出物で強い抗酸化作用と紫外線保護作用を持っています。日本で開発された成分でエヌシーコーポレーションの商標です。新しく飲む日焼け止めに配合され始めた成分なので、商品の数は今のところ少ないです。

他の成分に比べて短期間で効果が出やすくなっています。こちらも植物由来の成分なので副作用の心配はありませんが、アレルギーへの注意は必要です。

リコピン

トマトやスイカに含まれている成分で、美容成分としても知られています。強い抗酸化作用があるので活性酸素を抑制してシミやシワの対策に効果があります。さらに厚生労働省によって美白成分として認可されているアルブチンよりも美白効果が高いことが分かっています。リコピンも植物由来成分なので副作用の心配はありません。まれにアレルギーを発症することはあります。

ブライトニングパイン

補助成分として飲む日焼け止めに配合されることが多い成分です。パイナップルから抽出したセラミドで、肌を黒くするメラニンの生成を抑制する効果があります。セラミドには紫外線など外部による刺激から肌を守ったり、全身を保湿する効果もあります。ブライトニングパインに含まれているフィトールによる美白効果もあります。

フィトールは光エネルギーを吸収するクロロフィル由来なので紫外線を浴びても、肌の明るさをキープすることができます。植物由来の成分なので副作用の心配はなく、フルーツアレルギーがなければ安心です。

効果的な飲む日焼け止めの飲み方

日焼けをする30分前に飲むのが効果的です。朝飲めば大丈夫と書いてある商品もありますがなるべく直前に飲んだ方が効果も高いです。

効果の持続時間は4時間から6時間ほどです。プールやビーチに行くときなど特に紫外線を多く浴びる場合は、さらに追加で飲むと良いでしょう。日を浴びる前に飲むのが最も効果的ですが、飲み忘れて日を浴びた後でも応急処置として飲めば効果が期待できます。日焼けが気になるときだけでなく毎日飲み続けることで、紫外線の影響を受けにくい体を作ることもできます。

サプリなので水で飲まなければいけないということはなく、ジュースで飲んだりアレンジして飽きずに飲み続けられるような工夫もできます。飲む日焼け止め単体だけでなく、塗る日焼け止めや日傘、サングラスも使うことで日焼け止め効果はさらに高まります。子どもでも飲むことはできますが、4歳までは服用しない方が良いでしょう。