飲む日焼け止めの効果は?塗る日焼け止めとの効果の違いを徹底比較!

日焼け止めサプリ

飲む日焼け止めは受けたダメージを減らすもの

飲む日焼け止めと塗る日焼け止めの効果には、そもそも大きな違いが一つあります。根本的に飲む日焼け止めというのは、受けたダメージを減らすという効果があります。受けたダメージを減らすということは、一度は紫外線を浴びることになります。それが飲む日焼け止めの効果の特徴です。

塗る日焼け止めはダメージを受けないようにするもの

対して塗る日焼け止めは、ダメージを受けないようにするものになります。つまり、紫外線などが肌に悪い影響を与えないように、それそのものをブロックしてしまうのです。ダメージを受けないようにするということは、肌の上にバリアを作るようなものですが、バリアは相手の攻撃力が高すぎたら突破されてしまうこともあるでしょう。

また、塗るタイプの日焼け止めは、流れてしまうことも多いため、完璧なバリアではなくなることも多々あります。そんな風に意外と弱点も多いのが塗る日焼け止めだと思っていいでしょう。そのため、理想は飲む日焼け止めと塗る日焼け止めを併用することです。併用していけば、バリアを抜けてきた分のダメージも、飲む日焼け止めの効果で最大限減らしていくことができるでしょう。

飲む日焼け止めの方が得られる効果は多い

飲む日焼け止めと塗る日焼け止めでは、そもそもの日焼け止めの方法が全然違います。飲む日焼け止めと塗る日焼け止めでは、やはり得られる効果も変わってきます。最終的に日焼けを防ぐことを目指しているのは一緒ですが、飲む日焼け止めの場合は、それ以外の効果も得られます。

肌の酸化を防いでくれる

飲む日焼け止めが日焼け止めの効果を出すのは、肌が酸化することを防いでくれるからでもあります。肌が酸化することで起こるトラブルは、日焼けだけではありません。肌が酸化すると、シワが増えやすくなったりするということもあります。

そのため、少しでも肌を綺麗に見せたいのであれば、日焼けはしない方が良いでしょう。日焼けと同時に一緒にシワにもアプローチしていけるのですから、飲む日焼け止めで得られる効果はすごく魅力的だといえます。

次第に肌の抗酸化力も上がっていく

また、飲む日焼け止めの効果というのは、次第に蓄積していくものになります。たとえば塗る日焼け止めは、それを塗っている間しか効果は得られません。それに対して、飲む日焼け止めの場合は、肌を育ててくれるともいえます。

それを塗っている間、あるいはそれを飲んでいる間しか効果が得られないのであれば、効果が切れた時に肌はダメージを受けてしまいます。しかし、日焼け止めなんていつ切れるかわかりません。基本的にはある程度は持つでしょうが、飲む日焼け止めだって体調次第で持続時間は変わってくるでしょうし、塗る日焼け止めだって、気がついたら汗などで流れていってしまっているかもしれません。

そうなったら、知らないうちに日焼けをしてしまう可能性も出てきます。それを防ぐためには、肌自体の力をアップさせて、それによってそもそも日焼けしづらい肌を作る必要があるでしょう。塗るタイプの日焼け止めは、上からバリアを作るだけなのでそういう効果はありませんが、飲む日焼け止めであれば、そういう効果も期待できます。

そのため、別に出かけない時でも毎日飲む日焼け止めを飲むようにするというのがおすすめです。