ニュートロックスサンとは?日焼け止めサプリの有効成分の正体。

日焼け止めサプリ

日焼け止めサプリに含まれる有効成分とは?

日焼けに対するガード機能を高めてくれる成分の事を指します。

主に日焼け止めサプリに含まれている有効成分は

・ニュートロックスサン(ローズマリーエキスとシトラスエキスを組み合わせた成分)

・フェーンブロック(ダイオウウラボシというシダ植物の成分)

この二つが主な有効成分の正体になります。

 

国産の日焼け止めサプリはニュートロックスサンが多い

日本の日焼け止めサプリ製品に使われているものは、ニュートロックスサンが主流になっています。

国産の日焼け止めサプリが初めて発売されたのは2014年の4月13日です。

株式会社HOLOSが日傘サプリNutroxSunを発売したことでニュートロックスサンが主成分の日焼け止めが国内で主流になりました。

 

逆に海外ではフェーンブロックが多い傾向

海外では世界で初めて発売された飲む日焼け止めサプリ「ヘリオケア」がフェーンブロックを使用しているため、海外ではフェーンブロックを主流とした日焼け止めサプリが主流になったと考えられています。

 

フェーンブロックとニュートロックスサンの違いは?

基本的にニュートロックスサンとフェーンブロックの日焼け止めに対する働きは同じです。

日焼け後72時間でシミの原因になるメラニン色素が作られるのですが、72時間以内にケアすることによりシミの原因を抑制することが出来ます。

ニュートロックスサンやフェーンブロックには、皮膚のにある紫外線から身を守る細胞(ランゲルハンス細胞)を活性化させ日焼けから守り、炎症を防ぐ働きがあります。

 

しかしやはり原料が違うため安全性や美容効果を考え、ニュートロックスサンの方がおすすめです。

基本的にフェーンブロックもニュートロックスサンも自然由来のものから抽出しているため、飲み薬のような副作用はありません。

 

しかしフェーンブロックは原料がシダ植物ですのでアレルギー誘発リスクがあります。

そのためアレルギーのリスクを考えると、ニュートロックスサンの方がおすすめです。

 

またシワやシミに対しても有効な効果も報告されていますので、総合的に判断するならばニュートロックスサン配合をおすすめします。

 

ニュートロックスサン

紫外線量の多いスペインのミギュエル大学細胞生化学のニコル博士がモンテローザ社と共同で10年以上の歳月を費やし研究開発した100%天然由来成分の飲む日焼け止めです。ニュートロックスサンにはローズマリーの葉と、シトラス果実から抽出された複数のポリフェノールが最適なバランスで含まれています。

ローズマリーの効果

ローズマリーの葉には、強力な抗酸化活性物質のカルノシン酸、カルノソール、ロスマノール、エピウロスマノール、ジテルペン、ロスマリン酸、ローズマリー酸などの成分が含まれています。

ジテルペンは酸化物の生成や脂質過酸化を抑制する働きがあり、カルノシン酸やロスマリン酸、ローズマリー酸には強い抗酸化作用があり活性酸素によるストレスから細胞を保護して体のサビや動脈硬化などを予防する効果があります。

これらはいずれも脂溶性抗酸化物質であり細胞膜の中で活性酸素を消し去る働きがあります。またカルノソールには抗炎症作用があり、日焼けによる肌の炎症を緩和してくれます。

シトラスの効果

シトラスは豊富なビタミンCやクエン酸を含んでいます。

ビタミンCは肌のハリを保つコラーゲンを生成する作用や、老化の原因になったり、肌トラブルの元になる活性酸素を中和する抗酸化作用があります。

クエン酸は梅干しなどに含まれている酸味成分です。疲労回復、血流の改善、老化防止効果などの美肌効果が期待できます。

ヘスペリジンやオーラプティン、グレープフルーツに特に多く含まれているフラバノイドの一種のナリンゲニンといった成分には水溶性抗酸化物質や抗炎症作用、活性酸素捕捉などの効果があります。

水溶性抗酸化物質は主に細胞の外で活性酸素を中和していく効果があります。また、ペクチンは腸内の善玉菌を増やして免疫力を上げる作用もあります。

 

ニュートロックスサンの勘違いポイント

ニュートロックスサンは紫外線を全てはじいているわけじゃない

ニュートロックスサンは紫外線からのダメージを防いでいるだけで、日に焼けることを防いでいるのではありません。

日焼けをしなくなるのではなく、日焼けによって受けるダメージを軽減してくれるという事です。

 

紫外線のダメージはUV-Aによる肌の奥深くに活性酸素を発生し、出来る「シワ」とUV-Bによる肌表面「表皮」炎症によって出来る「シミ」の二種類ですがニュートロックスサンは紫外線による「シミ」と「シワ」の原因の発生を抑制する働きをしてくれるという事です。

 

※紫外線についてはコチラで詳しく説明しています。

紫外線「UV-A」「UV-B」がシミ、シワ、たるみの原因

 

これが有効成分「ニュートロックスサン」の働きです。

 

ニュートロックスサンは日焼けに対して即効性があるものではない。

ニュートロックスサンは毎日飲み続けることで、紫外線のダメージから肌を守る働きをしてくれます。

これはつまり「飲んですぐ日焼けをしない」ような即効性の効果は期待できないという事です。

 

臨床結果の報告ではニュートロックスサンを飲んだ人、飲んでいない人で比べると、

24時間から48時間後に日焼けすることによって引きおこる炎症が軽減するという報告がありますが、

「ニュートロックスサンを飲んだ人と飲んでいない人で比べると、炎症が軽減するかも」程度の報告になります。

なので、「日焼け止めサプリを飲んでいるから大丈夫」ではなくしっかりと日焼け止めサプリと日焼けに対するケアをしっかりと行わないといけないというわけです。

 

ニュートロックスサンの副作用

日焼け止めサプリに使用されているニュートロックスサンは、植物由来の天然成分なので特に大きな副作用などは報告されていません。しかし以下の場合は摂取する前に医師に相談してください。

 
妊娠中や授乳中の方

ローズマリーの子宮刺激作用により流産を招く恐れがあります。また授乳中の場合も、乳児への安全性の確認がされていないので、摂取を避けてください。

 
4歳未満の子供

4歳未満の子供の臓器は未発達のため、サプリ自体が体の負担になる事もあります。摂取は控えてください。

 
高血圧の人や鉄欠乏性貧血の方

ローズマリーの血流改善効果から高血圧を悪化させてしまう事があります。また鉄分の吸収を阻害しやすく、鉄欠乏性貧血の悪化を招いてしまう事もあるので、これらの持病がある方は摂取を控えるようにしてください。

 

アレルギー体質の方

ローズマリーやシトラスにアレルギー反応を持っている方は摂取の前に医師に相談してください。

 
薬を服用している人

ローズマリーと服用中の薬との飲み合わせの問題で、薬の効きが悪くなる事もあります。心配な場合は医師や薬剤師に相談してから服用しましょう。

 

飲むならばニュートロックスサン+抗酸化成分が豊富なサプリを

日焼け止めサプリは抗酸化成分を多く採用したものがおすすめです。

というのも、ニュートロックスサンはもちろん日焼けの炎症を抑えてくれる大切な成分ですが、抑えても美肌を保つためにも紫外線で増えた活性酸素を抑えることが必要なのです。

 

発生する活性酸素は複数の種類があり、抗酸化成分が多ければ多いほど様々な活性酸素に対抗できるので、健康な肌を守ることが出来るのです。

 

もちろん美容成分がたくさん入っているサプリもありますので自分に合ったものを使用しましょう。

成分別おすすめ日焼け止めサプリ一覧