あまり知らない!?飲む日焼け止めの効果と副作用の有無

日焼け止めサプリ

飲む日焼け止めの効果

夏場になると手放せないものといえば日焼け止めです。

日焼け止めを使う理由は、太陽の光を浴びることによって紫外線を受けると、シミやシワ、そばかす、肌荒れなどの原因などになってしまうからです。シミやシワ、そばかすなどができてしまうのを避けるために、外に出る際は日焼け止めを塗りますが、日焼け止めには飲むタイプのものもあります。

しかし、飲む日焼け止めと聞いて果たして効果があるのか疑問に思うところがあります。また、日焼け止めを飲むということで、副作用がないのかという不安も生まれます。

なぜ日焼けする?

そもそも、紫外線を受けるとなぜ日焼けしてしまうのでしょうか?

まず日焼けのメカニズムを確認しておきましょう。人間は紫外線を受けると、皮膚の表面にあるメラノサイトと呼ばれるものがメラニン色素を作り出します。メラニン色素には、体内に紫外線を侵入させないように頑張る力があります。そのメラニン色素が実は日焼けの原因となっているのです。メラニン色素と聞くと嫌なものだというイメージを持っている人が多いかもしれませんが、実は皮膚を紫外線から守ってくれる良いものだったのです。

また、紫外線を受けることによってメラニン色素ができるだけでなく、体内でフリーラジカルと呼ばれるものが発生します。このフリーラジカルは皮膚を傷付けるため、これによってシミやシワ、そばかすなどができてしまうのです。

飲む日焼け止めの効果はある?ない?

飲む日焼け止めにはフリーラジカルを破壊する成分が含まれています。これにより紫外線によってできたシミやシワ、そばかすなどを防止することができます。

したがって、飲む日焼け止めは全く効果がないというわけではありません。しかし、日焼けをしないようにする効果があるわけではなく、紫外線による日焼けの影響を抑える効果があります。そのため、飲む日焼け止めを飲んでいても、日に当たっていたら日焼けはしてしまうので、その点は十分理解して使用するようにしましょう。

日焼け止めをしっかり塗って、さらに飲む日焼け止めを飲むことで相乗効果が得られるというわけです。

飲む日焼け止めの副作用

飲む日焼け止めの副作用についてですが、注意書きとしてあるのは「妊娠・授乳期間中の使用」です。この点についてはやはり使用は推奨されていません。4歳未満の小児も使用が禁止されています。

また、商品によってはエビやカニなどのエキスが含まれている場合があるので、アレルギー持ちの人は購入の際にしっかり確認することが必要です。高血圧の薬を使用している人だと副作用の心配がある可能性が高いので、医師と相談しましょう。これらに当てはまらない人が使用する分には、副作用はありません。

成分から見る副作用の有無

成分の面から見ても、飲む日焼け止めに副作用はないと言えます。

飲む日焼け止めは天然成分を使用しています。その主な成分が、ニュートロックスサンとフェーンブロックです。ニュートロックスサンには、紫外線の活性酵素を抑制し、シミやシワができるのを抑える効果があるということが確認されています。フェーンブロックには、紫外線を防御し皮膚へのダメージを軽減すると同時に、皮膚がんの危険性も少なくする効果もあるとされています。これらはどちらも天然成分であるため、飲む日焼け止めは副作用の心配がないものだといえます。

「日焼け止めを飲む」という行為に少し抵抗がある人が多いかもしれませんが、イメージとしてはサプリを飲むのとほぼ同じようなものです。サプリを飲むような感覚で飲めば、それほど抵抗を感じることなく飲むことができるでしょう。