飲む日焼け止めは本当にお得なの?!メリットや注意点などを解説

日焼け止めサプリ

飲む日焼け止めの基本情報

飲む日焼け止めって?

飲む日焼け止めとは、服用することで日焼けを防いで白い肌を保つために役立つ効果を得られる製品のことです。塗布タイプの日焼け止めは薬剤として扱われることが多いですが、飲む日焼け止めはサプリメントに分類されています。そのため服用が原因で健康上の問題が起きる心配がなく、安心して使用できます。

効果

日傘やサングラス、日焼け止めクリームなどが身体の外側を日焼けの影響から守るための製品であるのに対して、飲む日焼け止めは身体の内側から、日焼けによるダメージから肌を守る製品です。そして日焼け止めクリームの中には主にニュートロックスサンやリコピンなどが含まれていますが、それらの効果が内側に現れるので目や頭皮といった日焼け止めクリームを塗布できない部分も紫外線によるダメージから守る効果を得られます。

正しい使用方法

太陽光を浴びる30分ほど前に飲む日焼け止めを服用することで日焼け止めの効果を得られます。基本的に効果の持続時間は4時間ほどなので、それ以上の時間外出する場合は4時間ごとに飲む日焼け止めを服用する必要があります。ただし製品によっては1回の服用で24時間効果が持続します。

また飲む日焼け止めはサプリメント扱いの製品なので、基本的に通常の日焼け止め製品と併用しても問題ありません。そのため多くの利用者が、日焼け止めクリームで肌の外側を、飲む日焼け止めで内側を紫外線の影響から守るといったかたちの日焼け止め対策を行っています。

主なメリットと注意点

メリット

日焼けを防ぐ

飲む日焼け止めの主成分である抗酸化物質には紫外線B波やA波の影響を軽減する効果があります。そのため飲む日焼け止めを服用することで日焼けを防ぐ効果が得られます。そして日焼け止めクリームの場合は目や唇など塗布できない部分がありますが、飲む日焼け止めの場合は内側から作用するので全身を紫外線の影響から守れます。

紫外線への耐性が高くなる

飲む日焼け止めの紫外線対策効果には即効性がありますが、さらに使用を続けることで身体の抗酸化力が高められます。そのため、継続して飲み続けることで、飲む日焼け止めを飲んでいないときの紫外線に対する身体の耐性を高められます。

シミやシワを防ぐ

紫外線の影響が原因で体内のコラーゲンが減少すると、肌のターンオーバーが正常に行われなくなります。そのため、メラニン色素が肌に定着してシミができたり、肌が弾力性を失ってシワが増加しやすくなります。しかし、飲む日焼け止めには紫外線の影響を抑える成分が配合されているので、肌の正常なターンオーバーを支援してシミやシワの発生を抑える効果が得られます。

炎症を防ぐ

飲む日焼け止めの中に含まれているニュートロックスサンやリコピンなどの成分には、紫外線を浴びた際に体内に発生する活性酸素の効果を抑制する作用があります。そのため、日焼けが原因で起きる炎症を防ぐ効果が得られます。

副作用がない

日本国内で製造された飲む日焼け止めは自然食品から抽出した成分を使用して製造されているので、基本的に服用が原因で副作用を発症する心配はありません。

注意点

他の日焼け止めグッズと併用する

飲む日焼け止めには紫外線の影響を抑える効果がありますが、それだけで紫外線の影響を完全に防ぐことは困難です。特に5月から8月にかけては紫外線がとても強力なので、飲む日焼け止めと並行して他の日焼け止めグッズを利用することが大切です。日傘やサングラス、日焼け止めクリームなどを飲む日焼け止めと併用することで、紫外線の強い季節にも真っ白な美肌を保てます。

4歳以下は禁止

飲む日焼け止めは子供が服用しても問題ありませんが、基本的に4歳以下の子供の服用は禁止されています。

妊娠中と授乳中は禁止

妊娠中や授乳中の女性が飲む日焼け止めを服用すると、製品に含まれている各種成分が胎児や乳幼児に何らかの影響を与える可能性があります。そのため、基本的に妊娠中や授乳中の女性の服用は禁止されています。

国産の製品を利用する

飲む日焼け止めには海外で生産された製品もありますが、添加物が含まれているなど安全面に問題を抱えている場合があります。そのため基本的に国産製品を利用することがおすすめです。

 

成分別おすすめ日焼け止めサプリランキング

紫外線対策は日焼け止めサプリだけでは不十分。美肌のカギは日焼け止めの「併用」