飲む日焼け止めは安全?メリットとデメリットについて

日焼け止めサプリ

飲む日焼け止めについて

塗るタイプの日焼け止めはみなさん必ず一本は持っていますよね。今では、SPFを変えて、一年中塗っている人も多いのではないでしょうか。今回、紹介したいのは飲む日焼け止めについてです。

飲む日焼け止めとは、塗るタイプが紫外線の侵入を外から防ぐのに対し、内面から予防します。塗るタイプの日焼け止めですと、汗で流れてしまうと効果がなくなります。そのため、塗るタイプは塗り直しすることが重要です。その点を防ぐことができるのが飲む日焼け止めです。

芸能人の間では、ブログなどでよく取り上げられていましたが、某テレビ番組で取り上げられてから飲むタイプも一気に有名になりました。それでは、飲む日焼け止めのメリットとデメリットをみていきましょう。

飲む日焼け止めのメリット

メリットは、汗や水などで塗るタイプの日焼け止めが流れてしまっても飲んでさえいれば紫外線の侵入を防ぐことができます。また、塗るタイプであれば、手の届きにくい場所の塗り残しがありますが、飲むタイプであれば安心です。

塗り忘れて耳や首の後ろだけが赤くなった経験はありませんか?飲んでおけば、日焼け止めを携帯しておく必要もありませんし、突然、日差しの強い場所に行くことになっても対応でき効果があります。

飲む日焼け止めのデメリット

デメリットは、商品によっては価格が高いことです。美容に関して、お金を惜しまない方であれば気にならないと思います。海外商品も人気が高く、成分が強い分効果も高いのですが、副作用もあるといわれています。

日本製品であれば、今のところ、副作用は特に問題があがっていません。他のデメリットとしては、飲むタイプは、効果が出るまでに時間がかかるといわれています。日差しが強い日だけに飲むのではなく、毎日飲んでおくことで効果があるようです。

効果的な飲み方とおすすめの飲む日焼け止め

効果的な飲み方

飲む日焼け止めは、紫外線を予防するための商品です。美白、美肌を目的とはしていませんが、LシステインやビタミンCと組み合わせて飲むことでお肌がとても綺麗になります。LシステインやビタミンCは、薬局でも売っていますし、アイハーブというサイトで購入している方も多いです。アイハーブは、海外製品を購入するサイトです。少し、送料が高いようですので、安くなる時を狙ってください。

また、飲む日焼け止めが高いと感じる方は、紫外線の強い5月から9月だけ服用するのはいかがでしょうか。突然、「明日日差しの強いフェスに参加することになったので飲もう」と思っても効果が得にくく少し前から服用しておくと効果的です。

将来のシミ予防のため、ぜひ塗るタイプとうまく組み合わせて使ってみてください。

 

成分別おすすめ日焼け止めサプリランキング

紫外線対策は日焼け止めサプリだけでは不十分。