絶対確認!飲む日焼け止めのメリットとデメリット

日焼け止めサプリ

飲む日焼け止めのメリット

全身に効果が期待できる

飲む日焼け止めは、塗ったところだけに効果がある従来の塗る日焼け止めと比較すると、全身に効果が期待できます。服用することで、身体の内側から紫外線対策を進めることができます。自分で日焼け止めを塗るのには、どうしても手が届きにくいところでも、しっかり日焼け対策ができるのは大きなメリットです。

皮膚が薄くて、日焼け止めを塗るのを避けたいパーツや、髪の毛が生えていてなかなか塗りにくい頭なども、飲む日焼け止めであれば、ばっちりカバーが可能でしょう。

時間や手間を節約できる

飲む日焼け止めは、名前の通り、飲むだけで日焼け対策ができるアイテムです。そのため、あちこちに日焼け止めを塗る手間や時間を一気に節約できるというメリットもあります。背中をはじめとした塗りにくいパーツの日焼け止めを、他人に頼む必要もありません。もちろん、塗るだけではなく、日焼け止めを落とす手間や時間も節約できます。

クレンジングコスメを使用する必要もないので、肌への負担も減らすことができます。もちろん、日焼け止めの塗り直しも必要ありません。汗をかいたときや、水に入ったとき、日焼け止めを塗り直すのは、地味に面倒ですよね。

大きなボトルを持ち歩くのも大変です。飲む日焼け止めであれば、一定の時間で飲み直せば良いだけですから、重い荷物を持ち歩いたり、手間暇をかけて塗り直したり、帰宅後に時間をかけて落としたりする必要はありません。

流れ落ちてしまう心配がない

飲む日焼け止めは、汗や水で流れ落ちてしまうということもありません。ウォータープルーフタイプの塗る日焼け止めは多数登場していますが、プールに入ったり、汗をたくさんかいたりするシーンでは、どうしても効果が持続しなくなってしまいます。

飲む日焼け止めであれば、水分をはじめとした外的な刺激によって、効果が薄れてしまうことはありませんし、日焼け止めが落ちてしまったあとの、独特のベタつきで不快感がなくて済むでしょう。

敏感肌の人でも使用できる

市販の日焼け止めは、カバー力が強いものほど、どうしても肌への刺激が強くなってしまいがちの傾向にあります。紫外線の吸収剤や、散乱剤が使用されていることで、ニキビや火照りを引き押してしまうこともあります。日焼け予防のために、SPF値の高い日焼け止めを使用することで、どうしても肌ダメージが大きくなり、かゆみやかぶれが発生してしまうケースもあるでしょう。

アレルギー肌の人や、敏感肌の人は、市販の日焼け止めを塗ることが出来ないこともあります。飲む日焼け止めであれば、こういった外的な肌ダメージをなくして、日焼け対策を進めることができます。

飲む日焼け止めのデメリット

体質によって相性がある

飲む日焼け止めは、内側からアプローチするタイプのアイテムなので、人によって相性があります。含まれている成分により、アレルギーなどの問題から、服用が不可能な人もいますし、十分な効果を発揮できない人もいるでしょう。また、使用し始めてから、しばらく時間が経過することで効き目が出やすくなるため、飲む日焼け止めに手を出したばかりの人は、効果がやや薄くなってしまうというデメリットもあります。

費用が高くなりやすい

市販の塗るタイプの日焼け止めと比較すると、飲む日焼け止めはやや高額になりやすいです。もちろん、商品によっても具体的な金額は異なって来ますが、多くの飲む日焼け止めの有効成分であるニュートロックスサンやフェーンブロックは、特許があるので、どうしても金額が高めになってしまうのです。お得なキャンペーンや、定額購入が難しい人は、コストパフォーマンスが悪くなりがちというデメリットもあるでしょう。