危険。妊娠中は日焼け止めサプリ使用禁止

日焼け止めサプリ

妊娠中に日焼け止めサプリは使ってもいいの?

塗る日焼け止めよりも、手軽に日焼けのダメージを軽減してくれる日焼け止めサプリが人気になってしばらく経ちます。
しかし、妊娠中は日焼け止めサプリを使ってもいいのか、赤ちゃんに影響はないのか、紫外線対策は可能なのか、など疑問がある方も少なくありません。
なので今回は、日焼け止めサプリは妊娠中に使っても、大丈夫なのか解説していきます。

日焼け止めサプリは医薬品ではなく「紫外線対策サプリ」

危険。妊娠中は日焼け止めサプリ使用禁止
危険。妊娠中は日焼け止めサプリ使用禁止

飲む日焼け止めは、医薬品とは異なります。
あくまでも日焼け止めサプリは「紫外線のダメージを阻害して軽減してくれる」物です。
↳紫外線対策は日焼け止めサプリだけでは不十分。

基本的には「どんな方でも安心して飲むことが出来る」と、販売されている商品がほとんどです。
ですが、口にするものに何かと気を遣う、妊娠中の場合は話が全くの別です。

妊娠中には、決して口にしてはいけないサプリメントなども存在しますが、飲む日焼け止めでもそれは例外ではありません。
飲む日焼け止めを妊娠中に利用したいという場合は、下記のことに注意をしなくてはいけません。

日焼け止めサプリに使われている紫外線を阻害する成分

飲む日焼け止めは基本的に、植物由来の成分で作られていることが多いです。
しかし、商品の中には、植物由来の成分が胎児や母体に影響を表す場合もあります。
そのため、気になる商品がある場合は、ホームページなどで事前に成分表を確認しておくと間違いないでしょう。
※こちらでも成分を日焼け止めサプリ別に確認することが出来ます。
↳成分別おすすめ日焼け止めサプリランキング

どんな成分が配合されているのか、どんな材料由来の成分が使われているのかなどを、全て細かくチェックするように心がけることが大切です。
また、微量ながらカフェインを含んでいる成分が使われていることも多々あります。
成分表を見ながら、成分にカフェインが含まれていないかも、一緒に確認をしておくとより安心につながります。

産婦人科には絶対相談してください。

妊娠中や授乳中の心配事は、必ず担当の産婦人科医に相談しましょう。
よく、妊婦さんが疑問に思って聞かれる内容は、赤ちゃんの障害リスクを低下させる葉酸サプリや、自分の健康を維持するビタミンサプリなどは使用しても大丈夫かという質問なのですが、

妊婦さんの心理には、「市販薬はタブーだけど、サプリ系なら大丈夫かな?」という半信半疑の意識を持っている人も少なくありません。
しかし、日焼け止めサプリとなると、妊婦さんや胎児に対する臨床試験は、当然の事ながら行われていなケースもあります。
絶対に大丈夫とは言えません。

また、医師によってもサプリメントに対する考え方に違いがあります。

すぐにどんなサプリメントでもOKを出す場合もあれば、「念のためにサプリは控えましょう」というケースもあるのです。
いずれにしても、母子の健康が第一と考える産婦人科の立場からは、簡単に「日焼け止めサプリを飲んでも大丈夫ですよ」とは言われないでしょう。

結局は母体であるお母さんが責任を負う事になりますから、少しでも不安があるときは、授乳が終了するまでは控えた方が良いです。
また、母乳ではなく、ミルク育児になる方は、産後少し早めに飲む日焼け止めを飲用できるでしょう。

まとめ

基本的には妊娠中に日焼け止めサプリを使う事はお勧めしません。
どんなサプリであれ、妊娠中に服用すれば赤ちゃんに影響が絶対にないとは言えない以上、赤ちゃんを心配するのであれば使用は控えてください。

どうしても気になる場合は担当である産婦人科に必ず相談しましょう。
もちろん使用する日焼け止めサプリの成分表やホームページを確認することも大事です。
商品によっては、
「妊娠中の使用を禁ずる」
と明確に記載している場合もあれば、
「医師と用相談の上使用可能」
「妊婦の使用可能」
など、反対に明確にされているケースもあります。

これは他のサプリにも言えることですが、どういった成分が含まれているのか、どういったデメリットがあるのかなど、しっかりと把握して使うという事が一番大事なことですね。
↳飲む日焼け止めは安全?メリットとデメリットについて
↳成分別おすすめ日焼け止めサプリランキング