飲む日焼け止めの配合成分と効果!より効果的な摂取方法

日焼け止めサプリ

飲む日焼け止めに配合されている主な成分とその効果

ニュートロックサン

市販されている国産の飲む日焼け止めの主成分はニュートロックサンです。この成分はシトラスとローズマリーから抽出した天然のポリフェノールで、最大55%紫外線によるダメージを軽減することが出来る効果があるといわれています。

ちなみにローズマリーには抗酸化作用が高いカルノシン酸、ロズマリン酸が多く含まれているのが特徴で紫外線のダメージを軽減するだけではなくアンチエイジング効果も期待できます。シトラスなどの柑橘類の植物は太陽光線に対する強い耐性があり、中でもシトラスは抗酸化作用が強いことで知られています。そしてローズマリーとシトラスの両成分を摂取し続けることで紫外線に対する抵抗力が飛躍的に高まることが研究により実証されています。

つまりニュートロックスサンを摂取することで体内の活性酸素の減少、肌の炎症を抑制する作用が高まり日焼けしにくい肌を目指すことが出来ます。

フェーンブロック

フェーンブロックはシダ系の成分で紫外線によるシミやシワを予防する効果があるといえます。その理由はフェーンブロックを摂取することで肌に備わっている免疫細胞ランゲルハンス細胞が正常化し日焼けと炎症により肌が赤くなるのを防いでくれます。さらに肌の内部に存在する繊維芽細胞へのダメージに伴うコラーゲン減少を抑えることで紫外線による老化から肌を守ってくれます。

リコピン

トマトなどに含まれるリコピンはカロテノイドと呼ばれる色素栄養素の一種でβ-カロテンの仲間です。カロテノイドは抗酸化力が高いといえますが、リコピンはビタミンEの100倍以上もの抗酸化作用があり老化の防止、紫外線により発生する活性酸素を除去する効果があります。

パラアミノ安息香酸

パラアミノ安息香酸はビタミンB群の一種で米国食品医薬品局が唯一認めた飲む日焼け止めの成分です。海外の飲む日焼け止めのメイン成分として配合されていて、紫外線を吸収しメラニン色素の生成をブロックする効果と美白効果があります。

飲む日焼け止めの効果的な摂取方法

外出予定の30分前に飲む

基本的に飲む日焼け止めというのは日焼けする前に飲んでおく必要があります。飲み忘れた場合は後から飲んでも多少の効果はあるといえますが、日に当たる30分前には飲んでおくようにして下さい。摂取量や継続時間は商品により多少異なりますが、大体4時間から6時間程効果が持続すると言われています。そのため、アウトドアなどで1日中外に出ている場合や日差しが強い時には追加して飲むようにしましょう。

基本的に毎日摂取する

飲む日焼け止めは塗るタイプの日焼け止めと比較して高額な商品です。しかし、アウトドアの予定がある日だけ飲んでもあまり効果は期待できません。紫外線をカットする訳ではなく紫外線を受けたダメージを減らす為の商品なので基本的に毎日摂取することで効果を発揮します。

2、3ヶ月継続して飲むとより効果が高まるので、紫外線が強くなる前から飲んでおくと夏にその威力を知ることができます。

塗るタイプの日焼け止めを併用して使用する

飲む日焼け止めは紫外線をブロックするのではなく、最大55%紫外線のダメージを減らすことができる商品です。つまり100%ではなく飲んでおけば日焼けの心配はないといった訳ではないのです。絶対に肌を焼きたくないという人は飲む日焼け止めと塗るタイプの日焼け止めを併用して使用することをお勧めします。

塗るタイプの日焼け止めはどうしても肌への負担が大きくなってしまいますし、汗で流れてしまうというデメリットがあります。しかし、飲む日焼け止めと併用することであまりSPFのキツイモノを使用せずに済み、飲むタイプの日焼け止めは汗で流れる心配もないので安心です。