離婚の慰謝料の相場は? 慰謝料をのもらい方と増やすコツ

離婚したい

離婚する際の慰謝料とは

離婚調停する際の慰謝料の相場は、現在約50万円〜300万円と言われています。

どんな理由で離婚をするにしても、何かしらの精神的苦痛を受けて、その苦痛をもたらした相手に責任を取ってほしいと誰もが思うものです。
その精神的苦痛を金銭として支払ってもらうのが『慰謝料』です。

なので「離婚=慰謝料」
離婚をすれば必ず慰謝料がもらえるというわけではありません。

しかし慰謝料をもらえる場合や少しでも多く慰謝料をもらうことができる方法を解説していきますので、参考にしてください。

※離婚調停について詳しくはこちらで解説しています。

離婚の慰謝料の相場

まず初めに頭に入れておいてほしいのですが、慰謝料というのは離婚をすれば必ず支払われるというわけではありません。

慰謝料請求は配偶者が自分に対して違法な(浮気やDVなど)権利の侵害を行って初めて請求可能なものです。

ただし夫婦ごとに抱える問題は異なります。
そしてその問題によっても慰謝料も大きく変わってきますで、確実ではなく参考程度だと思っておいてください。

離婚になった理由

離婚になった理由 慰謝料の相場
浮気や不倫(相手の不貞行為) 100万円から300万円
DV・モラハラ(肉体的、精神的攻撃) 50万円から500万円
生活放棄(生活費を払わなかったり、夫婦であるのに協力しない) 50万円から150万円
その他 0円から100万円

慰謝料をもらうために重要なのは「証拠」

証拠を突き付ける

慰謝料をもらうにあたって大事なことは「証拠」を持つことです。
浮気の証拠、DVの証拠など、相手が自分に対して行った権利侵害に対しての証拠をしっかりと確保しましょう。


・相手が浮気をしているときの(デートやホテルに入っていく際の)写真や動画
・浮気の証拠となるようなメールやLINE、電話
・DVされた際の診断書、痣やケガの写真、またDVを受けた時の記録など

これらの証拠を持っていることで慰謝料の請求がしやすく、また請求額も多くしやすくなりますので、しっかりと確保しておきましょう。

慰謝料をもらえないケース

上記でも解説しましたが、慰謝料は離婚すれば必ずもらえるものではありません。
慰謝料請求できるのは、相手に違法な権利侵害行為がある場合ですので、例えばこのようなケースだと離婚相手から慰謝料をとれない可能性は高いので注意してください。

性格の不一致

性格の不一致は通常あり得るものです。
相手に対する違法な権利侵害行為となるものではありません。

もっとも、相手の性格に通常の範囲を超える特異性、異常性がある場合、そしてそれが容認できる範囲を超えているというケースはこの限りではありません。

婚姻関係がすでに破綻している

不貞行為については、婚姻関係が既に破綻していれば違法な権利侵害行為とはなりません。

そのため、相手が浮気・不倫していてもその前から婚姻関係が客観的に破綻していれば、慰謝料請求は難しくなってしまいます。
条件としてはあくまでも夫婦仲は良く、その陰で浮気されていたなど。

 

離婚調停で慰謝料を請求する利点

離婚調停のメリットは相手との合意内容に強制力を持たせることができることです。

なので、調停の中で慰謝料額について相手が合意し、これが調書化された場合に相手は、これを法的に支払う必要があります。

離婚調停で慰謝料と一緒に協議できる権利と費用

離婚前によく考える

親権

もし子供がいて、親権が欲しいという場合は、慰謝料の他に親権の帰属についての協議も一緒に行うことができます。

養育費

親権の問題とともに養育費の金額や支払い方についても協議対象とすることができます。

※養育費に関してはこちらの記事で詳しく解説しています
離婚後の養育費はいくらが相場? 養育費を少しでも多くもらう方法

財産分与

財産分与とは、離婚時に夫婦共同の財産を半分に分けることを言いますが、これも協議の対象となります。

※財産分与に関してはこちらの記事で詳しく解説しています
離婚後では間に合わない財産分与。離婚前に財産分与を確認して何百万もの損を防ぐ方法

離婚調停の準備に必要な書類

以下の書類・費用を準備して離婚調停の申し立てをしましょう。

  1. 収入印紙1,200円
  2. 住民票の発行費200円
  3. 戸籍謄本代(全部事項証明書)450円
  4. 夫婦の戸籍謄本
  5. 申立書(写し1通)
  6. 標準的な申立添付書類
  7. 年金分割のための情報通知書(年金分割が該当する場合)
  8. 郵便切手代(申し立てする家庭裁判所で費用は変わる)

※ほかにも離婚する前に必要な準備を詳しくこちらの記事にまとめています。
離婚する前にやらなければいけない事。後悔しないための5つの離婚準備

まとめ

自分の離婚と照らし合わせてしっかりと慰謝料のめぼしをつけましょう。
自分はどれくらい慰謝料がもらえるのか、慰謝料をこれくらいは欲しいなど、しっかりと自分の後の生活を考えて計画して離婚に持っていきましょう。

関連記事

  1. 離婚 協議書

    理由がないと離婚できない? 離婚理由がない人が離婚するための方法

  2. 養育費払ってよ

    養育費の支払い拒否 「養育費を払わない」と言われた時の対処法

  3. 子供と母

    離婚した専業主婦が安心して暮らすための3つのやるべき事

  4. 離婚出来ない

    条件が満たされていなければ離婚はできない 「上手く離婚するための条件5つ」

  5. 離婚調停

    自分に有利な離婚のために知っておくべき事「離婚調停」

  6. 離婚届け

    離婚する前にやらなければいけない事。後悔しないための5つの離婚準備