離婚後では間に合わない財産分与。離婚前に財産分与を確認して何百万もの損を防ぐ方法

財産分与 要確認

離婚前に家の確認しないと財産分与がなくなる

夫婦での一番大きい買い物が家になります。
なので、当然離婚する際の財産分与に関して大きな金額にもなります。

家を財産分与する方法としては、夫婦で住んでいた家を売却して現金に変え、そのお金を折半するのが一番わかりやすい方法だといえるでしょう。

しかし、そんな家が「ある条件」によっては財産分与の対象に含まれない場合があるのです。
なので今回は、「財産分与に家が含まれない」なんてことにならないように、家の確認の仕方と家をしっかりと財産分与する方法を解説していきます。

家が財産分与に含まれない場合とは

不動産確認ちゃんとすること

「知らなかった。」となりがちですが
実は不動産売却をすべて相手方に任せてしまった場合。

この場合は家が財産分与の対象から外れてしまうことが多々あります。

家は夫婦の片方が名義を持っている場合、相手方には実は相談しなくても不動産を売却をすることが可能です。
連絡すら必要ありません。

こうやって家を財産分与には含まず、家を売却されてしまうと取り戻すことは簡単ではありません。
もともと不動産の名義がある場合、所有物であることが間違いないので正当な理由で売却したことになります。

そうなってしまった場合、財産分与にはもちろん含まれませんのでしっかりと家の価値を確認し、話し合いで財産の分与を決めておきましょう。

家を財産分与する方法

家を財産として分けるための方法といっても一つではありませんので、一つづつ解説していきます。
自分がどうの方法を使うのかの目安にしておくと今後の予定が立てやすくなると思いますので、しっかりと確認しておきましょう。

家を売却して現金を財産分与する

家が夫の名義になっていたとしても、夫婦が婚姻中に得た財産であれば、財産分与の対象となります。

なお財産分与の対象は、プラスの財産だけではありません。住宅ローンなども財産分与の対象となります。住宅ローンが残っている場合は、マイナスの財産として考慮する必要性が出てくるので注意が必要です。

家を売らずに住み続ける

妻が実家に戻れない事情がある。
夫が親と同居している二世帯住宅の場合。

など、離婚後も夫婦のどちらかが家を譲り受けて住み続けるという方法もあります。
また、子供がまだ学校に通っている年齢の場合は、引越しや転校で生活を大きく変えなくて済むというメリットにもなるでしょう。

ただし、どちらかが住み続けるというこちらの方法でも、住宅ローンが残っている場合は注意が必要です。

まず始めに、残りの住宅ローンの額を確認してください。
借入先の金融機関に問い合わせたり、契約書にも載っているので絶対に確認しておきましょう。
次に、不動産鑑定士か不動産業者に家の査定を依頼して、家の査定価格と住宅ローンの残額を比較し、アンダーローンかオーバーローンかを確認してから決めることが大切です。

「注意点」家のローンはどうなるの?

注意しなくてはいけないのが家のローンです。
財産分与するために家を売るにしても、このローンの額で大きくもらえる金額が違ってくるのです。

家を財産分与するにあたって確認しておかないといけないのが、「オーバーローンなのかアンダーローン」のどちらなのかということです。

アンダーローンとオーバーローン

アンダーローンとは

アンダーローンとは、家の査定価格が住宅ローンの残りを上回っている状態のことを指します。例えば、家の査定額が3,000万円、住宅ローンの残債は2,500万円という場合です。この場合、不動産が査定額で家を売って3000万円でローンの2500万円を返すと500万円余ります。
なので実質的に「プラスの財産」となります。

離婚後に妻が家に住み続けて、夫がローンを支払うという場合は、原則として不動産の価格から住宅ローンの残高を差し引いた金額の半分を妻から夫へ金銭の支払いが必要となる可能性があります。

上記の場合ですと、
不動産価格3000万円から2500万円のローンを引いた500万円の半分250万円を支払わなければいけません。

オーバーローンとは

住宅ローンの残りが家の査定価格よりも多い状態のことをオーバーローンといいます。
例えば、家の査定額が2,500万円、住宅ローンの残債は3,000万円という場合です。
財産分与はマイナス財産も考慮するので、不動産を売却して、住宅ローンが残った場合、他にもプラスの財産があればそこからローンの価格を差し引きます。

まずは査定を依頼して、不動産の価格が住宅ローンの残額より大きい(アンダーローン)か、住宅ローンの残額が不動産の値段より大きい(オーバーローン)か知っておくことが重要になります。

家の価値の確認の仕方は業者さんにお願いする方法もありますが、その方法だと一社にしかお願い出来ませんし、査定を出してもらうまで時間がかかってしまい、その上業者によっては高い査定が出ない可能性もあります。

そのため最近では簡単に無料で使える便利なツールとして、不動産一括査定サイトを使っている方も多いです。
今後家をどうするか、離婚した後の計画を立てて、選択肢を広げることにつながるので活用しましょう。

査定サイトは
イエイ」がわかりやすく説明してくれます。
先ほども記しましたが、簡単で無料なのでどんどん活用しましょう。

イエイ

簡単手間なしの査定サイト【イエイ】不動産一括査定サイト

こうやって不動産の価値を確認しておくことで、不動産の価格が住宅ローンの残額より大きい(アンダーローン)か、住宅ローンの残額が不動産の値段より大きい(オーバーローン)か理解したうえで離婚後の対策ができるので、しっかりと不動産の価値を確認しておきましょう。

 

注意点

関連記事

  1. 離婚出来ない

    条件が満たされていなければ離婚はできない 「上手く離婚するための条件5つ」

  2. 夫婦離婚 

    離婚する前に財産分与を確認するだけで何百万も損を防げる 家の価値を簡単に知る方法

  3. 離婚  養育費

    離婚後の養育費はいくらが相場? 養育費を少しでも多くもらう方法

  4. 子供と母

    離婚した専業主婦が安心して暮らすための3つのやるべき事

  5. 離婚手順

    決断した離婚を確実にするために 離婚するための必要な3つの手順

  6. 離婚調停

    自分に有利な離婚のために知っておくべき事「離婚調停」