山形市

山形市の空き家に関する補助金制度
山形県山形市では、空家の有効活用を図るための空き家に関する助成金を出しています。

空き家バンク利活用推進補助金

山形市空き家バンクに登録された空き家に残存する家財道具の処分や清掃などに要する補助金を、山形市の予算の範囲内で交付します。

対象者

 次のいずれにも該当する方

  1. 空き家バンクに登録されている空き家の物件登録者の方
  2. 登録物件に係る売買または賃貸借の契約が締結された場合を除き、少なくとも2年間継続して、空き家バンクに物件を登録できる方
  3. 山形市の市税の滞納がない方

引用:山形市公式ホームページ なんたっすやまがた

補助対象経費

  1. 使用されず、残置された状態の家具、電化製品、食器その他の家財道具の搬出および処分に要す る経費(ごみの処理手数料、山形市一般廃棄物収集運搬許可業者の委託料、エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機・衣類乾燥機等のリサイクル料金、家財道具を自らが運搬する場合はトラックの賃借料など)
  2. 清掃に要する経費(ハウスクリーニング、排水管清掃の委託料など)
  3. 敷地内の樹木の伐採または除草、草苅等に要する経費など
  4. その他必要と認める経費

引用:山形市公式ホームページ なんたっすやまがた

補助金の額

補助対象経費の2分の1以内(上限額10万円)。一つの登録物件につき、一度限りの交付となります。

引用:山形市公式ホームページ なんたっすやまがた

空き家バンク取引仲介手数料補助金

山形市空き家バンクに登録された空き家を購入または賃借し、山形市に移住・定住をする方に対し、宅建業者に支払う取引の仲介手数料に係る補助金を、山形市の予算の範囲内で交付します。

引用:山形市公式ホームページ なんたっすやまがた

対象者

次のいずれにも該当する方

  1. 空き家バンクに登録している利用登録者(購入・賃貸希望者)
  2. 空き家バンクの登録物件を購入または賃借契約を締結し、当該契約締結前は山形市外に居住し、契約締結後は登録物件に居住した方(住民票で確認します。)
  3. 山形市の市税の滞納がない方

引用:山形市公式ホームページ なんたっすやまがた

補助対象経費

補助対象者が宅建業者に支払った登録物件の売買または賃貸借契約に係る取引の仲介手数料

引用:山形市公式ホームページ なんたっすやまがた

補助金の額

補助対象経費の2分の1以内(上限額5万円)

引用:山形市公式ホームページ なんたっすやまがた

危険老朽空き家の除却(解体)工事に関する補助金

安全・安心な住環境づくりを促進するため、老朽化し、危険な空き家の除却(解体)を行う方に対し、その費用の一部(上限額50万円)に係る補助金を、山形市の予算の範囲内で交付します。

引用:山形市公式ホームページ なんたっすやまがた

補助金の交付の対象となる空き家

次に掲げる要件を全て満たす空き家が対象となります。なお、長屋及び共同住宅を除きます。

  1. 山形市内に存するもの
  2. 木造又は鉄骨造であるもの
  3. 過半が住宅として使用されていたもの
  4. 周囲に悪影響を及ぼしている又は及ぼすおそれがあるもの
  5. 建築物が複数人の共有物である場合は、当該共有者全員から当該建築物の除却(解体)の同意を得られているもの
  6. 所有権以外の権利が設定されていない建築物であるもの。ただし、所有権以外の権利が設定されている場合で、当該権利の権利者が当該建築物の除却(解体)について同意しているときは、この限りではありません。
  7. 構造の腐朽又は破損などにより、著しく危険性のあるもの※ 

※は次の表で100点以上の評点があると判定された建築物です。

引用:山形市公式ホームページ なんたっすやまがた

対象住宅のよくわかる解説
すべて満たすことが前提条件です。

1.山形市内に存するもの
これは住まいではなく空き家が山形市内にある事が条件です。

2.木造又は鉄骨造であるもの
木造住宅と鉄骨造のものだけです。
コンクリート造の住宅は申請できません。

3.過半が住宅として使用されていたもの
個別の部屋が複数ある場合(ビルや集合住宅など)その建物の個別の部屋の半分以上が住むということを目的

4.周囲に悪影響を及ぼしている又は及ぼすおそれがあるもの
これは判断が難しいので、市役所や自治体に判断してもらいましょう。
主に周囲への悪影響になっている例は臭いや雑草、木の枝が伸びすぎているなど
他にも空き家の倒壊などの危険性があるもの含みます。

5.建築物が複数人の共有物である場合は、当該共有者全員から当該建築物の除却(解体)の同意を得られているもの
これはそのままの意味で、複数人で共有している建物の場合は、その全員が解体へ賛成していない場合は解体できません。

6.所有権以外の権利が設定されていない建築物であるもの。ただし、所有権以外の権利が設定されている場合で、当該権利の権利者が当該建築物の除却(解体)について同意しているときは、この限りではありません。
所有権、つまり建物を所有している人以外に権利があるものは解体することができません。
ただしその権利を持つ人もしくは、団体から解体の許可が出ている場合は解体可能です。

7.構造の腐朽又は破損などにより、著しく危険性のあるもの※
危険の度合いに関しては市役所または自治体の判断になりますので問い合わせて見てください。

対象者

次のいずれかに該当し、かつ、山形市の市税の滞納がない方が対象となります。

  1. 空き家の登記事項証明書(未登記の場合は固定資産税課税台帳)上の所有者
  2. 1.の方の相続人
  3. 1.又は2.の方から空き家の除却(解体)について、委任を受けた方

引用:山形市公式ホームページ なんたっすやまがた

対象となる除却(解体)工事

次に掲げる要件を全て満たす工事となります。

  1. 法令の規定により、建築物を除却(解体)できる許可を得た事業者に請け負わせる工事
  2. 補助金の交付の決定前に着手しない工事
  3. 建築物の全てを除却(解体)する工事
  4. 他の制度等により補助金の交付を受けない工事
  5. 建築物の建替えを目的としない工事
  6. 平成30年2月15日までに完成する工事

引用:山形市公式ホームページ なんたっすやまがた

補助対象経費

補助対象経費(消費税及び地方消費税相当額を含む。)は、空き家の解体・廃材の運搬・廃材の処分に要する費用(家財道具、車両、機械、立木等の処分費などを含まない。)とします。ただし、工事費の1平方メートル当たりの限度額は、木造住宅2万6千円、非木造住宅3万7千円です。

引用:山形市公式ホームページ なんたっすやまがた

補助金の額

補助対象経費の8割の半額とし、上限額は50万円です。

引用:山形市公式ホームページ なんたっすやまがた

山形市の空き家に関する制度

山形市空き家バンク

平成25年の国の住宅・土地統計調査で、売買・賃貸の対象となっていないなどにより、活用されていない山形市内の一戸建て空き家の戸数は「約3,500戸」とされています。

だれも住んでいない空き家は、老朽化が進み、資産価値が下がるだけでなく、草木が生い茂る、害虫の発生などにより周囲に悪影響を与えることにもなりかねません。

山形市では空き家の有効活用を図るため、平成28年8月1日から空き家バンクを開設しました。

「空き家バンク」とは

 空き家物件の情報を、定住を希望する方や空き家の利用を希望する方に山形市が紹介し、空き家の利用促進を図る制度です。売却又は賃貸を希望する空き家所有者から提供される空き家の情報を、山形市のホームページや山形市の窓口(管理住宅課)で広く公開します。空き家バンクへの登録は無料です。

引用:山形市公式ホームページ なんたっすやまがた

※空き家バンクとは

空き家バンクのよくわかる解説

空き家を売りたい、もしくは賃貸物件として貸し出したい人が空き家バンクに登録しておくと
各市町村の自治体が無料で、空き家を使いたい人に情報を提供するというものです。

空き家バンクの仕組み 
※空き家バンクについて詳しく
空き家バンクとは

空き家バンク利用時の注意事項

空き家バンクは空き家の紹介

空き家バンクは登録時に、依頼を受けた不動産会社の方が同行し、売却・賃貸にあたって問題がないかを調査が入りますので、空き家の値段設定なども自分であらかじめ決めておかなければいけません。

「値段をどうつけたらいいかわからない」という方は、実際に査定サイトに出して、自分の持っている「空き家の価値」を調べておきましょう。

査定サイトは
不動産一括査定サイト「イエウール」がお勧めです。

簡単手間なしの査定サイト「イエウール」

山形市の空き家バンクへの登録・お問い合わせは

山形市役所
〒990-8540 
山形県山形市旅篭町二丁目3番25号

電話:023-641-1212(代表)

開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝日および12月29日から1月3日を除く)

関連記事

  1. 西津軽郡鰺ヶ沢町

  2. 山本郡八峰町

  3. 宮城郡七ケ浜町

  4. 三戸郡新郷村

  5. 北秋田郡上小阿仁村

  6. 九戸郡軽米町