白河市

白河市の空き家に関する補助金制度
福島県白河市では、空家の有効活用を図るための空き家に関する助成金を出しています。

空き家改修等支援事業

目的

白河市空き家バンクの利用の推進及び市への定住の推進を図ります。

引用:白河市公式ホームページ みちのくの玄関

補助対象

補助対象物件

白河市空き家バンクに登録された空家

対象者

(1)  福島県内の市町村(避難区域を除く。)から白河市に定住される方
ア 5年以上定住すること(5年以内に就職若しくは就学により転出し、又は死亡した場合以外は、補助金返還あり)。
イ 町内会に加入し、又は加入する見込みがあること。

(2)  空き家の所有者で、当該空き家を5年以上賃貸する方

引用:白河市公式ホームページ みちのくの玄関

補助交付要件

(1) 市税等の滞納がないこと。

(2)  所有者及び所有者の3親等内の者が、自ら改修し、居住することがないこと。

(3)  改修又は家財処分は、補助金の交付決定日以後に着手し、当該交付年度内に完了すること。

(4) この要綱及び国県等から別の補助(市の耐震補強補助を除く。)を受けていないこと。

(5)  確認済証が提出された中古住宅(確認申請が必要な場合に限る。)

(6)  耐震診断を完了したもの

(7)  空き家を賃貸する場合における改修又は家財処分については、所有者の承諾を得ること。

引用:白河市公式ホームページ みちのくの玄関

補助交付要件のよくわかる解説

(1) そのままの意味です。
市に関する税金の滞納がある場合は補助を受けれません。
※国民健康保険も含む場合があります。

(2)  空き家の所有者の3親等内の人が空き家を改修工事し、その空き家にそのまま居住することはできません。

(3)  補助金交付決定前に空き家に手を付けてはいけません。
その後補助金交付が決定後から、年度内に改修、家財処分をしなくてはいけません。

(4) 空き家の処分に関して補助を受ける場合、ほかの空き家に関する補助を一切受けていてはいけません。

(5) 確認新線が必要な住宅に関しては提出しなくてはいけません。

(6)  補助を受ける前に耐震診断をしっかりと受けてください。

(7) 空き家を賃貸する場合、改修する際も家財処分する際も必ず、空き家の所有者に確認、承諾を受けてください。

補助金

(1)  改修費上限150万円(事業費の2分の1)

(2)  家財処分費上限5万円

引用:白河市公式ホームページ みちのくの玄関

白河市の空き家に関する制度

白河市空き家バンク

白河では、市内にある空き家の利用を促進し、倒壊等のおそれのある状態等の空き家の発生を抑制するため、「空き家バンク」を設置しております。

「空き家バンク」とは

市が、空き家の売却又は賃貸を希望する所有者と空き家の利用を希望する方をマッチングする制度です。また、登録された空き家については、一定の条件で改修費等の補助を受けることができます。
空き家とは、白河市内に一戸建て住宅又は併用住宅を所有し、現に居住していない又は近く居住がなされない住宅及びその敷地をいいます。マンション、アパートなど分譲、貸家の用に供する住宅その他収益目的の物件については登録することができません。

引用:白河市公式ホームページ みちのくの玄関

※空き家バンクとは

空き家バンクのよくわかる解説

空き家を売りたい、もしくは賃貸物件として貸し出したい人が空き家バンクに登録しておくと
各市町村の自治体が無料で、空き家を使いたい人に情報を提供するというものです。

空き家バンクの仕組み 
※空き家バンクについて詳しく
空き家バンクとは

空き家バンク利用時の注意事項

空き家バンクは空き家の紹介

空き家バンクは登録時に、依頼を受けた不動産会社の方が同行し、売却・賃貸にあたって問題がないかを調査が入りますので、空き家の値段設定なども自分であらかじめ決めておかなければいけません。

「値段をどうつけたらいいかわからない」という方は、実際に査定サイトに出して、自分の持っている「空き家の価値」を調べておきましょう。

査定サイトは
不動産一括査定サイト「イエウール」がお勧めです。

簡単手間なしの査定サイト「イエウール」

白河市の空き家バンクへの登録・お問い合わせは

白河市役所

〒961-8602 福島県白河市八幡小路7-1
電話 0248-22-1111(代表)
FAX 0248-27-2577

関連記事

  1. 北津軽郡鶴田町

  2. 最上郡戸沢村

  3. 仙台市

  4. 相馬市

  5. 九戸郡軽米町

  6. 最上郡舟形町