村山市

村山市の空き家に関する補助金制度
山形県村山市では、空家の有効活用を図るための空き家に関する助成金を出しています。

村山市空き家家財撤去処分補助金

空き家バンクの登録及び利用を促進するために、バンクに登録している空き家の家財撤去及び処分に係る費用の一部を補助します。

補助対象事業

  1. 補助を受けられる者
    空き家に係る所有権その他の権利により当該空き家の売却、賃借等を行うことができる者で、市税を滞納している者を除く。
  2. 内容
    バンクに登録している空き家に係る家財道具の運搬及び処分

引用:村山市公式ホームページ

補助金の金額

  • 補助対象事業に要する経費の2分の1(千円未満切り捨て)。ただし上限は5万円とします。
  • 補助金の総額については、予算の範囲内とします。

引用:村山市公式ホームページ

その他条件

補助金の交付は1回限りとします。

引用:村山市公式ホームページ

村山市の空き家に関する制度

空き家登録制度「村山市空き家バンク」について

近年、ライフスタイルの多様化による核家族化や単独世帯化の進展などに加え、少子高齢化の進行や都市部への転出、経済的事情等により全国的に空き家が増加しています。村山市では、空き家の有効活用を通して、移住・定住の促進、地域環境の保全および地域活性化を図るため、「村山市空き家バンク制度」を創設しました。

また、平成29年7月に山形県宅地建物取引業協会村山と公益社団法人全日本不動産協会山形県本部と「空き家バンク制度の実施に関する協定書」を締結しました。官民連携のもと空き家の利活用を推進し、地域活性化につなげるため、空き家の物件調査や空き家の所有者と利用希望者の契約仲介等を進めております。

村山市空き家バンク制度の仕組み

「空き家バンク」とは、市で空き家の売却、賃貸等を希望する所有者等から申込みを受けた情報を、市内への移住・定住等を目的として、空き家の利用を希望する者に紹介する仕組みです。対象は、市内において個人が居住を目的として取得し、現に居住していない(近く居住しなくなる予定のものを含む)建物およびその敷地、空き地です。

引用:村山市公式ホームページ

※空き家バンクとは

空き家バンクのよくわかる解説

空き家を売りたい、もしくは賃貸物件として貸し出したい人が空き家バンクに登録しておくと
各市町村の自治体が無料で、空き家を使いたい人に情報を提供するというものです。

空き家バンクの仕組み 
※空き家バンクについて詳しく
空き家バンクとは

空き家バンク利用時の注意事項

空き家バンクは空き家の紹介

空き家バンクは登録時に、依頼を受けた不動産会社の方が同行し、売却・賃貸にあたって問題がないかを調査が入りますので、空き家の値段設定なども自分であらかじめ決めておかなければいけません。

「値段をどうつけたらいいかわからない」という方は、実際に査定サイトに出して、自分の持っている「空き家の価値」を調べておきましょう。

査定サイトは
不動産一括査定サイト「イエウール」がお勧めです。

簡単手間なしの査定サイト「イエウール」

村山市の空き家バンクへの登録・お問い合わせは

建設課
電話:0237-55-2111 ファックス:0237-55-6472

関連記事

  1. 西白河郡矢吹町

  2. 耶麻郡磐梯町

  3. 最上郡金山町

  4. 北秋田郡上小阿仁村

  5. つがる市

  6. 鹿角郡小坂町