大沼郡金山町

金山町の空き家に関する補助金制度
福島県金山町では、空家の有効活用を図るための空き家に関する助成金を出しています。

金山町空き家・住宅対策事業

目的

移住・定住者の住宅対策のための事業です。

概要

移住・定住を希望する人で、空き家や住宅を改修し金山町に定住を希望する人に改修工事費用の3分の2(最大100万円)の補助を行います。

引用:福島県大沼郡金山町公式ホームページ

詳しくは役所への連絡が必要です。

金山町空き家解体事業

空き家の放置等により発生する諸問題を未然に回避し、集落機能の維持・景観保全 ・防災対策を、総合的に課題解決を図り、安全・安心な金山町を作り出すことを目的 として対象者へ助成する事業です。

対象 町内の空き家を解体する者 (空き家の性質上、町内に住所を有しない建物の所有者が大半と思われる。)

区 分 条 件 等
補助対象 ・町内に空き家を所有する人・町内業者で工事を行う人
 対象住宅 ・空き家状態から5年以上経過した、補助対象者所有のもの( 付属屋のみの解体は該当としない。)
対象工事・経費 ・解体工事 (ただし、更地にするまでの一貫工事を対象とする。)・補助対象者が町内業者で行う工事 (業者が第三者に一括して請け負わせるものは除く。)
【対象から除外されるもの】・公共工事の移転補償の対象

・空き家ではない住宅の解体工事

・関連調査の類

・空き家の一部利活用のための一部解体

【 補助金の交付限度】・1 住宅1回のみ
 補助金の額 ・対象経費の2/3(上限100万円)

(ただし、1,000 円未満の端数は切り捨て)

引用:福島県大沼郡金山町公式ホームページ

金山町の空き家に関する制度

金山町空き家バンク

町内には約300軒の空家があります。町では平成28年度に「金山町空家等対策計画」を策定し、空家の利活用と除去を2本の柱として空家対策に取り組んでいます。

 町内の空家は、現時点では程度の良い物件が多いことから、それらの利活用(賃貸及び売買)を所有者が進めていく意識啓発が必要と考えています。

 今回、町では空家の有効活用を通じ、他の市町村からの移住・定住促進や、住み替えによる有効利用を図るため、「金山町空家バンク制度」を開始しました。これは、所有者からお寄せいただいた町内の空家情報を蓄積し、物件情報を町公式ホームページなどで公開して、空家を「売りたい」「貸したい」とお考えの方と「買いたい」「借りたい」とお考えの方のマッチングを促進することを目的にしております。

 町内に所有する空家を「売りたい」「貸したい」とお考えの所有者の方、町への移住・定住や住み替えをご検討の方は是非、空家バンク制度をご活用ください。

引用:福島県大沼郡金山町公式ホームページ

 

※空き家バンクとは

空き家バンクのよくわかる解説

空き家を売りたい、もしくは賃貸物件として貸し出したい人が空き家バンクに登録しておくと
各市町村の自治体が無料で、空き家を使いたい人に情報を提供するというものです。

空き家バンクの仕組み 
※空き家バンクについて詳しく
空き家バンクとは

空き家バンク利用時の注意事項

空き家バンクは空き家の紹介

空き家バンクは登録時に、依頼を受けた不動産会社の方が同行し、売却・賃貸にあたって問題がないかを調査が入りますので、空き家の値段設定なども自分であらかじめ決めておかなければいけません。

「値段をどうつけたらいいかわからない」という方は、実際に査定サイトに出して、自分の持っている「空き家の価値」を調べておきましょう。

査定サイトは
不動産一括査定サイト「イエウール」がお勧めです。

簡単手間なしの査定サイト「イエウール」

金山町の空き家バンクへの登録・お問い合わせは

〒968-0011
福島県大沼郡金山町大字川口字谷地393
金山町役場 復興観光課 復興政策係 

電話 0241-54-5203

                           Fax 0241-54-5335

                            mail fukkou@town.kaneyama.fukushima.jp

関連記事

  1. 「秋田県の市町村」から空き家の補助金・助成金情報を探す

  2. 仙北郡美郷町

  3. 東白川郡矢祭町

  4. 南会津郡桧枝岐村

  5. 上北郡六ケ所村

  6. 八幡平市