秋田市

秋田市の空き家に関する補助金制度
秋田県秋田市では、空家の有効活用を図るための空き家に関する助成金を出しています。

秋田市空き家定住推進事業補助金

補助対象者

(1)空き家バンクに登録された空き家を購入又は賃借し、市外から移住(※注意1)するため、増改築やリフォーム工事を行う方
(中心市街地活性化基本計画区域内の登録物件の場合は、市内在住者の方も利用できます。)

(2)空き家バンクに登録した空き家を市外から移住(※注意1)する方に賃貸するため、増改築やリフォーム工事を行う空き家の所有者
(中心市街地活性化基本計画区域内の登録物件の場合は、市内在住者の方に賃貸する場合も利用できます。)

○東日本大震災に起因して避難し、現に市内に居住している方も利用できますのでご相談ください。

※注意1 市外から移住(市外に1年以上居住し、申請する年度の前2年度までに市内に転入する方が対象です。)

※注意2 市外から移住する方又は市内在住者の方が対象者の場合は、交付決定後に購入では3年、賃借では5年以上の対象住宅へ居住が条件です。

引用:秋田市公式ホームページ

補助対象者の補足と解説

補助対象者は空き家バンクに、登録してあることが前提になります。

そのうえで

(1)秋田市に住むために空き家バンクに登録された空き家を購入又は、賃借し増改築やリフォーム工事を行う方が補助対象になっています。

(2)空き家バンクに登録した空き家を、秋田市に移住してくる方に貸したり、売るために増改築やリフォーム工事を行う空き家の所有者が補助対象になっています。

 

補助対象住宅

空き家バンクに登録された空き家であり、次のいずれにも該当すること

(1)申請する日から起算して1年前の日までの間に、所有者と売買契約もしくは賃貸借契約が成立し、又は売買契約もしくは賃貸借契約の締結について、同意が得られている空き家であること

(2)空き家の購入又は賃貸借に関して、秋田市多世帯同居・近居推進事業補助金交付要綱による補助金を受けていないもの又は受ける予定のないもの

引用:秋田市公式ホームページ

補助対象工事

次のいずれにも該当する工事

(1)空き家に定住するために必要な本体工事

(2)秋田市内に本店、支店および営業所等を有する建設業者等が施工する工事

(3)平成29年度内に完成する工事

※次の工事等は対象となりません

(1)敷地造成、門、塀その他の外構工事

(2)物置、車庫等の附属設備の修繕、設置工事等

(3)その他、補助金の交付が適当でないと認められる工事等

引用:秋田市公式ホームページ

補助額

(1)空き家の購入による定住

 対象工事費の2分の1で上限額100万円
(中活区域内の物件を購入した市内在住者は上限額50万円)

(2)空き家の賃貸借による定住

 対象工事費の2分の1で上限額30万円
(中活区域内の物件を市内在住者が賃借する場合又は市内在住者へ賃貸する場合は上限額20万円)

※この事業の補助を受けられるのは、事業年度又は補助金額に係わらず一つの住宅について、1回限りです。

引用:秋田市公式ホームページ

秋田市住宅リフォーム支援事業

秋田市では、既存住宅の居住環境の質の向上および建設業をはじめとした関連業界への経済波及効果を図るため、市民が行う住宅の増改築やリフォーム工事に対し、5万円(※中心市街地活性化基本計画事業区域内の住宅は、10万円)を補助します。

引用:秋田市公式ホームページ

補助対象者

市内に住所を有し、市税の滞納がなく、次のいずれかに該当する方

(1)自ら居住するため所有する住宅の増改築やリフォームを行う方

(2)配偶者、親(対象者の配偶者の親を含む)または子が所有し、自ら居住する住宅を増改築・リフォームする方

(3)親(補助対象者の配偶者の親を含む。)又は子が所有し、その所有者が居住する住宅のリフォーム等工事を行う者

(4)自らが所有する住宅で、親(対象者の配偶者の親を含む)または子が居住する住宅を増改築・リフォームする方

※東日本大震災に起因して市内に避難し、現に居住している方も利用できますので、ご相談ください。

引用:秋田市公式ホームページ

補助対象住宅

(1)一戸建て住宅(住宅用の車庫および物置を含む。併用住宅の場合は、住宅部分の延べ面積の1/2以上であること)

(2)マンション等の共同住宅(自らが所有する居住の用に供する専有部分)

※この事業で以前助成を受けた住宅は対象になりません。

引用:秋田市公式ホームページ

補助対象工事

次に掲げるすべてを満たす工事

(1)増改築やリフォーム工事に要する費用(消費税および地方消費税の額を含む)が50万円以上であること

(2)平成29年4月1日から平成30年3月30日までに工事が完了し完了実績報告書を提出できる工事であること

(3)市内に本店を有する建設業者等が施工する工事であること

次の工事は対象となりません

(1)公共工事の施行に伴う補償費の対象となる工事

(2)門および塀等の外構工事

(3)既に本事業の補助を受けた住宅の工事 など

※この事業の助成を受けられるのは、事業年度に係わらず一つの住宅について1回限りです。(自然災害に伴うリフォーム工事は除く。)

引用:秋田市公式ホームページ

補助金の額

補助額 5万円(中心市街地活性化基本計画事業区域内の住宅は、10万円)

対象予定戸数 2,500件

引用:秋田市公式ホームページ

秋田市の空き家に関する制度

空き家バンク制度

秋田市内の空き家を「売りたい」、「貸したい」ことを希望している所有者から、空き家バンクへの登録申込を受けて、その空き家の情報を市のホームページ等で公開し、空き家の利用希望者へ情報提供する制度です。

引用:秋田市公式ホームページ

※空き家バンクとは

空き家バンクのよくわかる解説

空き家を売りたい、もしくは賃貸物件として貸し出したい人が空き家バンクに登録しておくと
各市町村の自治体が無料で、空き家を使いたい人に情報を提供するというものです。

空き家バンクの仕組み 
※空き家バンクについて詳しく
空き家バンクとは

空き家バンク利用時の注意事項

空き家バンクは空き家の紹介

空き家バンクは登録時に、依頼を受けた不動産会社の方が同行し、売却・賃貸にあたって問題がないかを調査が入りますので、空き家の値段設定なども自分であらかじめ決めておかなければいけません。

「値段をどうつけたらいいかわからない」という方は、実際に査定サイトに出して、自分の持っている「空き家の価値」を調べておきましょう。

査定サイトは
不動産一括査定サイト「イエウール」がお勧めです。

簡単手間なしの査定サイト「イエウール」

秋田市の空き家バンクへの登録・お問い合わせは

秋田市役所

〒010-8560
秋田市山王一丁目1番1号
窓口案内電話:018-863-2222 

関連記事

  1. 遠田郡涌谷町

  2. 遠野市

  3. 石川郡浅川町

  4. 下閉伊郡田野畑村

  5. 岩手郡雫石町

  6. 由利本荘市