柴田郡川崎町

川崎町の空き家に関する補助金制度
宮城県川崎町では、空家の有効活用を図るための空き家に関する助成金を出しています。

空き家活用移住定住促進補助金

補助対象者

補助金の交付を受けることができる者(以下「補助対象者」という。)は、空き家所有者又は移住者で次に掲げる要件の全てを満たす者とする。

空き家所有者

 (1) 空き家バンクを通して、空き家の利用者と売買契約又は賃貸借契約を締結すること。

 (2) 町税及びその他町へ納付すべき金銭を滞納していないこと。

引用:宮城県川崎町ホームページ

補助対象者1
簡単に説明すると
空き家バンクに登録します。
そして、空き家バンクを通して、空き家を利用したい人に空き家を売るか賃貸の契約を結べば、補助対象になります。
ただし、忘れてはいけないのが納めるべき税金の滞納がされていないことです。
この二つのうちどちらかではなく、どちらも満たしていることで補助対象となりますので、注意してください。

移住者

(1) 空き家バンクを通して、空き家の所有者と売買契約又は賃貸借契約を締結すること。
(2) 平成27年6月1日以降に川崎町へ転入すること。
(3) 転入前の10年間継続して、川崎町の住民基本台帳に記録がなく、現に居住していないこと。
(4) 町内に定住する意思があること。
(5) 生活保護法(昭和25年法律第144号)第11条に規定する扶助を受けていないこと。
(6) 日本国籍を有していないときは、出入国管理及び難民認定法(昭和26年政令第319号)その他の法令の規定に基づき、日本国の永住権を有していること。

(7) 町税及びその他町へ納付すべき金銭を滞納していないこと。

引用:宮城県川崎町ホームページ

補助対象者 移住者のよくわかる解説
(1)空き家バンクを通して、空き家の所有者と空き家を借りるもしくは空き家の購入の契約をしていること。

(3)川崎町に転入する日から10年さかのぼって川崎町に住んでいないこと。

 

(5)生活保護法支援を受けていないこと。
(6)日本国籍を持っていない場合、日本の永住権を獲得しないといけない。
(7)川崎市へ移住する前に住んでいた町へ、納付すべき金銭を滞納していないこと。

川崎町の空き家に関する制度

川崎町「空き家バンク」

「空き家バンク」とは、空き家等の有効活用を通して、川崎町民と都市住民の交流拡大及び定住促進による地域の活性化を図ります。

町のホームページ上に空き家物件情報を掲載し、「空き家を売りたい・貸したい」と考えている所有者(管理者)と「空き家を利用したい」という希望者との橋渡しをするものです。

引用:宮城県川崎町ホームページ

※空き家バンクとは

空き家バンクのよくわかる解説

空き家を売りたい、もしくは賃貸物件として貸し出したい人が空き家バンクに登録しておくと
各市町村の自治体が無料で、空き家を使いたい人に情報を提供するというものです。

空き家バンクの仕組み 
※空き家バンクについて詳しく
空き家バンクとは

空き家バンク利用時の注意事項

空き家バンクは空き家の紹介

空き家バンクは登録時に、依頼を受けた不動産会社の方が同行し、売却・賃貸にあたって問題がないかを調査が入りますので、空き家の値段設定なども自分であらかじめ決めておかなければいけません。

「値段をどうつけたらいいかわからない」という方は、実際に査定サイトに出して、自分の持っている「空き家の価値」を調べておきましょう。

査定サイトは
不動産一括査定サイト「イエイ」がわかりやすくて、簡単に使用できます。

イエイ2

簡単手間なしの査定サイト【イエイ】不動産一括査定サイト

 

川崎市の空き家バンクへの登録・お問い合わせは

みやぎ川崎コワーキングビレッジ「SPRING」
移住定住・起業サポートセンター

電 話:0224-51-8789(FAX兼用)
E-mail:spring@town.kawasaki.miyagi.jp
所 在:宮城県柴田郡川崎町大字川内字北川原山238-7
運営日:火曜日~土曜日 10:00~17:00
常駐者:川崎町地域おこし協力隊

関連記事

  1. 西村山郡河北町

  2. 相馬郡飯舘村

  3. 大館市

  4. 北秋田市

  5. 中津軽郡西目屋村

  6. 下北郡大間町