一関市

一関市の空き家に関する補助金制度
岩手県一関市では、空家の有効活用を図るための空き家に関する助成金を出しています。

空き家バンク登録住宅改修補助金

補助対象者

所有者:空き家バンクに登録している物件の所有権を有する者であって、空き家の賃貸借契約を締結した者

入居者:所有者と賃貸借契約を締結し、空き家を貸借する者

取得者:所有権の移転(売買、贈与等)契約を締結し、空き家を取得した者

引用:あばいん一関

補助対象住宅の要件等

空き家となって3年以上経過していること

補助金の交付を受ける際の条件

所有者の場合:補助金の対象となった空き家について、補助金交付決定の日から3年以上空き家バンクの登録をすること

入居者の場合:補助金の対象となった空き家に3年以上居住すること

取得者の場合:補助金の対象となった空き家を3年以上所有し、居住すること

引用:あばいん一関

補助金の対象経費と額

対象経費

空き家の改修工事等に要する経費及び空き家に残っている家具等の処分に要する経費(総額10万円以上の場合に限ります。)

補助金の額

補助金の対象となる経費の1/2の額(1,000円未満は切り捨て)で上限20万円
※補助金の対象物件1件に対し一度のみの補助となります。
※移住者住宅取得補助金との重複申請が可能です。

引用:あばいん一関

 

一関市の空き家に関する制度

空き家バンク制度

一関市では、市に移住して生活したいと検討している人を対象に、市内の空き家を紹介する「空き家バンク」に取り組んでいます。
「空き家バンク」へ登録いただいた空き家物件の情報は、市のホームページや首都圏での移住希望者向け相談会などを通じて、移住を希望・検討している方へ紹介します。

一関市をもっと元気にするために、市内で活用していない住宅がありましたら、ぜひ空き家バンクに登録してください!

引用:あばいん一関

※空き家バンクとは

空き家バンクのよくわかる解説

空き家を売りたい、もしくは賃貸物件として貸し出したい人が空き家バンクに登録しておくと
各市町村の自治体が無料で、空き家を使いたい人に情報を提供するというものです。

空き家バンクの仕組み 
※空き家バンクについて詳しく
空き家バンクとは

空き家バンク利用時の注意事項

空き家バンクは空き家の紹介

空き家バンクは登録時に、依頼を受けた不動産会社の方が同行し、売却・賃貸にあたって問題がないかを調査が入りますので、空き家の値段設定なども自分であらかじめ決めておかなければいけません。

「値段をどうつけたらいいかわからない」という方は、実際に査定サイトに出して、自分の持っている「空き家の価値」を調べておきましょう。

査定サイトは
不動産一括査定サイト「イエウール」がお勧めです。

簡単手間なしの査定サイト「イエウール」

一関市の空き家バンクへの登録・お問い合わせは

あばいん一関
一関市 まちづくり推進部いきがいづくり課 
〒021-8501 
岩手県一関市竹山町7番2号
TEL:0191-21-8852 
FAX:0191-23-4850

関連記事

  1. 上北郡野辺地町

  2. 会津若松市

  3. 西置賜郡飯豊町

  4. 黒石市

  5. 南会津郡下郷町

  6. 三戸郡田子町